個人データ保護ポリシー

顧客の個人データは制限された情報グループに属し、無断アクセスと公開を防止するための適切な技術的·専門的措置によって保護されなければならなりません。

顧客の個人データの入力、検査、管理、保管、受領、移転に参加する職員は必ず会社と秘密保持契約を締結しなければならず、顧客の個人データに対する規定とセキュリティ措置に対する認識について教育とテストを受けなければなりません。

顧客の個人データの入力、検査、管理、保管、受信、転送は機能に応じて分散化され、アクセスが制御され、不正行為を検出し、防止するために適切に監視されます。

会社に保管されている顧客個人データは、処理前に多数の小片に分けられます。 職員たちは一つのイメージにすべての個人情報を持っているわけではありません。 処理が完了すると、会社のソフトウェアによって従業員のマシンの個人データが自動的に削除されます。

お客様のシステムで直接処理されるお客様の個人データについては、処理に関与する従業員はバックアップ、スクリーンショットの撮影、その他の目的での使用を許可されていません。

お客様の個人データ(ある場合)のバックアップコピーは、パスワードでアクセスから保護され、不正アクセスから企業内の安全な場所(デバイス)に保管されます。 私たちは顧客情報を保存するためにクラウドを使用しません。 これらのバックアップの保存時間は、お客様との合意によって異なります。 保管期間が終了すると、お客様の個人データおよび元のデータのバックアップコピーは、会社の装置およびストレージメディアから完全に消去(回復不能)される必要があります。